Q & A

Q.酸洗いの目的は?

A.金属の酸化物(酸化スケールや錆など)を酸で溶解し、清浄な金属面を表面に出すために行います。

Q.ステンレスの酸洗いの目的とその効果は?

A.溶接や切断など(主に熱影響を受けた部分)加工により損なわれた耐食性と美観の向上が目的です。また、ステンレスの場合、酸洗いが最終の表面処理になる事も多いです。

Q.鉄の酸洗いの目的とその効果は?

A.酸化物の他にニスや黒皮の除去と表面の清浄化を目的とします。
油圧配管では、フラッシングの前工程、酸素配管では、禁油処理として施工します。またステンレスとは違い、必ずめっきや塗装などの後工程があります。

Q.酸洗可能な寸法は?

A.弊社の酸洗槽の浸漬可能な寸法は、
ステンレス鋼L13.0×W1.8×1.2m、炭素鋼L8.0×W2.1×H1.5mです。
浸漬可能な寸法でも形状や構造によっては浸漬不可能な場合がありますので、事前に打ち合わせを希望します。また、浸漬できない大きいものでも光伸産業へ持込できるものであれば基本的には酸洗は可能です。

Q.ステンレスに鉄がついているものでも酸洗可能?

A.酸洗可能です。
ステンレスに鉄の材料が溶接されている場合、浸漬はできませんが、鉄部分にテープやフイルムでマスキングを行い, 自社でジェル状に調合した酸洗剤を機械で均一に吹き付けて行います。仕上がりや外観は浸漬したものとほとんど変わりません。

Q.不動態化処理(パッシベーション)とは?

A.ステンレス鋼表面に強固で均一な酸化皮膜(不動態化皮膜)を形成させることです。耐食性の向上を目的とし、外観の変化はない処理となります。
酸洗処理ではなく、不動態化処理のみをご希望の場合も可能です。

Q.当日持込⇒当日引取は可能?

A.基本的には、事前にご連絡を頂いた上で、持込後 ⇒ 翌日渡しが最短です。
ただし、材質や物量によっては対応できる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

Q.どんな形状のものが酸洗可能?

A.浸漬・噴霧式の使い分けで、複雑な形状にも対応していきます。
最新実績・過去実績等の写真を参考にご覧ください。

Q.出張酸洗工事は可能ですか?

A.可能です。
内部循環酸洗や運搬できない物件などは現地で施工します。耐圧、フラッシング等も出張可能です。

Q.祝日、休日に引取りたいのですが・・?

A.事前にご連絡頂ければ、対応させていただきます。

Q.脱脂洗浄、禁油処理をお願いできますか?

A.できます。
SUS系、SS系、その他の材質も対応しております。

Q.チタンの酸洗を依頼できますか?

A.サイズや目的により対応します。目的によりステンレスと違う濃度で処理いたします。
→チタンの酸洗

Q.酸洗処理後にピンホールなどから液染みがでました、治せますか?

A.再度、通常の処理をするとまたでてくる可能性がありますので、部分的に直し、納品後に対処していただく為の修正専用の液をお渡しします。

Q.塗装、メッキの剥離をしたいのですが、お願いできますか?

A.サイズや塗装の種類、メッキの種類によりますが剥離可能なものは対応します。

Q.どのような薬品を使って処理をしていますか?

A.ステンレスの酸洗は硝弗酸系、鉄の酸洗はリン酸系を使用しています。
それぞれの工程や使用薬品等の詳細は要領書をご覧ください。
→ SUS洗浄要領書
→ SS洗浄要領書

Q.証明書や報告書の発行は可能でしょうか?

A.可能です。証明書・報告書の他、工程写真等が必要な際は事前にご連絡をお願いいたします。(別途料金要)

Q.中古品の洗浄は可能でしょうか?

A.腐食・汚染度合いに合わせた対応が可能です。
→ 化学洗浄によるリユース

Q.工場見学は可能ですか?

A.可能です。営業時間内であればいつでも可能です。作業内容等、積極的に開示していますのでお気軽にお申し込み下さい。

Q.熱交換器の洗浄は可能でしょうか?

A.プレート式熱交換器やシェルアンドチューブタイプ熱交換器(多菅式熱交換器)は洗浄からメンテナンスまで可能です。

Q.耐圧、フラッシングは可能でしょうか?

A.水圧、気密、オイルフラッシング、水フラッシング等ご要望に合わせてご対応可能です。

Q.小さな部品でも酸洗いできるのでしょうか?

A.お任せ下さい。金属表面処理を専門としています。どんな部品・製品にもご対応いたします。

Q.酸洗したものをもう一度酸洗できますか?

A.基本的にできますが,処理の目的と品物の状態により処理内容が変わります。
ご相談ください。

Q.ステンレスならどの種類でも酸洗可能でしょうか?

A.可能ですが、ステンレスの種類によっては均一に仕上がらないこともありますので、サンプルを支給していただきテストすることができます。

Q.出張酸洗は日本の何処でも可能ですか?

A.北海道から沖縄まで大丈夫です。また、海外への出張も可能です。

Q.酸洗いを依頼したいのですが、製品の運搬はどのようにしたら良いですか?

A.基本的にはお客様にお持ち込み、お引き取りをお願いしていますが、場合によっては 自社のトラック(3t車)での 引き取り、納品が可能です。(運賃相談)
一度、電話やFAX等で、ご連絡ください。
ご相談の上、対応させていただきます。

Q.サビ落としを依頼できますか?

A.可能です。ステンレス、鉄ともに、深くサビが進行している場合、サビ跡は残る場合があります。

サビ有写真

処理後 サビ跡写真

ページ先頭へ